リサイクルを積極的にする

>

なぜ紙が最も優しいのか

紙の作り方

紙の作り方を、みなさんは知っていますか。
新しい紙を作り出す時は、自然界に生えている木を伐採しています。
木が原材料なので、たくさん紙を作るためにはその分大量の木を伐採しなければいけません。
紙は人間たちが生活を送る時になくてはならない存在ですが、作りすぎると自然環境を破壊する大きな原因になると覚えておきましょう。

ですから現在では、世界中で紙を再利用する活動が進められています。
生産する紙の量を少なくすることで、無駄な木を伐採しなくても済みます。
今まで何気なく使っていた紙ですが、木の命をいただいているという意識を持って使ってください。
その考えを持っていれば、紙を無駄にしないという意識が強くなるはずです。

自然を守ろう

紙を作るのに、どのくらいの木が伐採されているのでしょうか。
大体1トンの紙を作りだすために、大きな気を20本も伐採しなければいけないと言われています。
1トンと聞くとかなりの量に感じますが、実際に使うとあっという間になくなります。
ですから、ほとんど毎日このぐらいの量の木が無くなっていると考えてください。
この状況がこれからも継続すれば、いずれ自然界の木が消滅してしまいます。
それを避けるために、リサイクルという活動があります。

紙をリサイクルして使うことで、伐採する木の数を減らしています。
森林には、人間が平和な生活を送るために欠かせない役割がたくさんあります。
綺麗な空気を生み出すこともその1つなので、森林を守りましょう。